リフォームはサポートガード

マンションリフォーム RC造りとSRC造りのメリットとデメリット

よく「RC造り」、「SRC造り」という建築用語ができきますね。
ボクもこの業界に入ってから覚えました(笑)

 

SRC造とは「鉄筋コンクリート構造」です。
(Reinforced Concrete Construction)
SRC造のメリットは 高い耐火性、耐久性を持っています。
マンションはほとんどこのSRC造りです。


比較的自由な形の建築物をつくることができます。
柱・梁で構成されるラーメン構造、柱・梁をなくした壁式構造、アーチ(曲線)構造など、
目的によってさまざまな構造形式を選ぶことができます。


デメリットは建物自体の重量が重いため、軟弱地盤や大空間が必要な建物に向かないことです。
SRC造とは「鉄骨鉄筋コンクリート構造」です。
(Steel Reinforced Concrete Construction)

 

SRC造のメリットとしては
耐火性、耐久性に富んでいます。
鉄筋コンクリート造と鉄骨造の長所を持ち合わせています。

 

柱や梁などのサイズが比較的小さくても耐震性の高い建物が建てられます。
だから高層のマンションや大空間の建物に向きます。
デメリットは建設コストが高くなることです。

 


有名な建築家 安藤忠雄先生の帝塚山のビル

※画像はネットから

 

 

 

飯田 滋
この記事の監修 : 飯田 滋 (サポートガード代表取締役)プロフィール
 
サブコンテンツ