屋根葺き替え

「屋根吹き替え」をするなら、安心の地元リフォーム 会社「サポートガード」へ

瓦屋根の家が少なくなってきました

大阪に2018年には 「地震」や「台風」が襲来し、
屋根が破損した家が多かったのです。今度また地震が心配で 日本瓦から軽い屋根への「屋根葺き替え」の問い合わせが急増しました。
たしかにいつ発生するかわからない地震、それより、毎年必ずくる「台風」も心配です。瓦屋根なら家屋倒壊の危険性も大きいですし、少しでも軽い屋根にすることで 家屋倒壊の危険性を大きく減らすことができます。
「日本瓦」は日本の屋根の象徴でしたが、阪神大震災の際 倒壊された家が多く、瓦の家をたてる方が激減しました。関西の瓦は淡路島産が多かったのですが、瓦工場もほとんどなくなり、それを建てる瓦の屋根職人もいなくなってきました。だから最近の家は軽量の屋根材の家ばかりになってきているのです。

「雨漏り」は ほっておくと家本体が修復不能になります

屋根は耐用年数を超えると、下地部分が傷み出し、もっとも大事な防水機能が無くなります。こうなると補修では対応できなくなるのです。そのままにしておくとさらに悪化し、雨漏り拡大します。下地の木工事や防水加工などは丁寧な施工が必要です。「丁寧さ」で、持ちの良さ、美しさが変わります。同じ屋根材を使っても、仕上がりが全く違うのです。つまり業者の技術レベルより、差があるからです。
激安の業者でも、当初はきれいに仕上がっているように見えても、仕様が守られていないような施工ではまた雨漏りが再発します。実は屋根修理に関するトラブルは、極めて多いのです。

屋根工事は目に見えにくい工事です。だからこそ「丁寧な工事」が必要です

サポートガードでは お客様の目に見えにくい工事だからこそ、「安心してもらえる丁寧な工事」を常に心掛けています。屋根のことなら瓦からカラーベスト、スレート、まで対応します。板金工事もお任せください。
下地から丁寧な作業で、「屋根葺き替えリフォーム」は高品質な施工をします。もちろん枚方 寝屋川 交野の地元密着リフォーム会社なので 「適正価格」です。すべては 「お客様の笑顔」のために。

屋根葺き替えの最新記事一覧

屋根葺き替え枚方寝屋川交野

  

屋根葺き替えの事例

枚方禁野の屋根吹き替えと外壁塗装でしたNEW

枚方屋根吹き替え外壁塗装  枚方屋根吹き替え外壁塗装
枚方屋根吹き替え外壁塗装 枚方屋根吹き替え外壁塗装
「屋根葺き替え」の場合は足場工事が必要です。外壁も痛み始めていたので、「外壁塗装」も一緒にいかがですか、と話したら決まりました。前年の台風で屋根が一部めくれたり、損傷を受けたそうです。部分補修はしたのですが、心配だったそうです。思い切って 屋根の全面吹き替えを決意されたそうです。屋根は瓦からカラーベストへの屋根葺き替えでした。色はブラウンです。もちろん水切りなどの板金工事もリフォームしました。傷んでした樋も取替ました。もうこれで屋根は心配ありません。
枚方禁野の外壁塗装です。「屋根吹き替え」が完了してから「外壁塗装」です。です。この家の西側の壁が大変傷んでいたのです。道路に面しているの西陽が直接受ける状態でした。外壁塗装の下地処理だでは数年後、また塗装が必要な状態になるのです。そこで「壁の張替え」をしました。壁面を大工さんが壁を作り直し、その後「左官塗替え」そして「外壁塗装」をしました。これで数十年は大丈夫です。時間はかかりましたが 見違える壁面になり奥さんから大変喜ばれました。
枚方禁野 M邸

枚方屋根葺き替え 瓦からカラーベストに屋根リフォームしました

枚方屋根葺き替え 枚方屋根葺き替え
枚方屋根葺き替え  枚方屋根葺き替え
枚方屋根葺き替え  枚方屋根葺き替え
枚方の津田で屋根葺き替え工事しました。実は3ケ月前に外壁塗装の工事をさせてもらったお客様です。大型台風のために屋根の多くが取れたり、破損しました。屋根補修では雨漏りがまた発生する可能性が高かったために 「屋根葺き替え工事」になりました。「屋根葺き替え工事」は屋根の表面を補修するだけでは心もとない場合、屋根下地から表面まですべてと取り替える工事です。阪神大震災以降、「瓦メーカー」はほとんど廃業になりました。腕のいい屋根職人も少ない状況です。そこで主流は「瓦からカラーベストへ」の屋根リフォームが多いのです。「屋根葺き替え工事」は大工さんがメインで防水シートも施工できるので 安心なのです。
枚方津田D邸
  

  

枚方屋根吹き替え 台風で破損された屋根の吹き替えでした

枚方屋根葺き替え  枚方屋根葺き替え
枚方屋根葺き替え  枚方屋根葺き替え
枚方屋根葺き替え  枚方屋根葺き替え
枚方菊丘の屋根葺き替えリフォームでした。2軒続きのテラスハウスでした。台風のために屋根や樋が破壊されていました。防水シートまで破れていたので 補修では修復不可能でした。そのため「屋根葺き替え」工事になりました。屋根の形状から この現場は「カラーベスト」の一種で「アスファルトシングル葺き」になりました。
「屋根葺き替え」の工程を簡単に説明するとまず既存の屋根のカラーベストやシートを撤去します。そして構造合板で屋根を張り直しします。次に「ルーフィング(防水シート)」を張ります。最後に屋根表面になる「アスファルトシングル葺き」を施工して仕上げます。もちろん「板金屋根工事」も専門の職人さんに制作してもらい、取り付けます。破損した問いも新しく制作しセットしました。
枚方菊丘SK邸

屋根葺き替え京都市 本瓦からカラーベストへの屋根葺き替え

屋根葺き替え京都市  屋根葺き替え京都市
屋根葺き替え京都市 屋根葺き替え京都市
屋根葺き替え京都市  屋根葺き替え京都市
屋根葺き替え京都市  屋根葺き替え京都市
京都市嵯峨野の屋根葺き替えリフォームでした。築40年近くたち屋根が破損し、雨漏りが発生していました。古民家風のとても大きな家でした。以前の屋根は本瓦でしたが、屋根の軽量化を希望されました。最終的に「カラーベスト」で決定しました。本通りからはまったく見えない屋根、つまり半分だけ「屋根葺き替え」をしました。
実は某大手家電量販店で見積もりをとられたら、なんと「瓦棒」で見積してきたそうです。「瓦棒」は名前だけでは「瓦」を使うイメージですが、「トタン屋根」のことです。なんの説明もなく、息子さんがおかしい、と気づき当社にご連絡いただきました。「屋根葺き替え」だけでなく頂上部の「棟」なども「板金」で加工制作し、くずれた外壁も「左官」でリフォームしました。その後、地震や台風がきましたが、まったく大丈夫だった、と連絡を受け、ほっとしてしていました(笑)
京都市右京区嵯峨野 H邸
     

  

枚方寝屋川交野のリフォーム会社サポートガードの【お問い合わせ】