リフォームはサポートガード

浴室は「手すり」いっぱいのシニア対応でした

サポートガードでは この物件に限らず、
浴室リフォームを施工する時は
手すり兼用のシャワーバーを出きり限りつけてもらっています。


シニアの方は年齢が重ねるごとに
浴槽からの立ち上がりが苦しくなっていきます。
足元が危なくなってくるからです。


テrビのCMで「ヒートショック」事件をながしていますが、
実は浴室で足を滑らす事故の方が多いのです。


たとえばシャワ兼用バーでしたら、
シャワーヘッドの位置より、「手すり」としての方が
利用度は高くなります。

滑らない床も重要ですが、
浴室内にでlきるかぎり「手すり」をつけるのが
一番安全です。

 

 

電話  netsiryou_200  net_200

枚方 寝屋川 交野のリフォーム会社サポートガードの【お問い合わせ】

 

 

サブコンテンツ