リフォームはサポートガード

クロスの貼り変えは必ず厚いクロスを選んでください

今日はクロス(壁紙)のちょっと役にたつ話です。
 

内装リフォームをする場合は一番目立つのはクロスなのです。
そのため出来上がりの際にクレームに発展することもしばしば聞きます。
 

実はクロスの出来栄えは下地(大工仕事)によって大きく左右されます。
しかも、リフォーム、つまり貼り替えともなると元々どんな大工さんが、
仕事したのかわからない場合のため、正直ひどいものも正直あります。
 

賃貸や建売の不動産の物件のは多いです。
もちろん大手ハウスメーカーでも同じですが。
なぜなら、大きな利益をださないといけないからです。
 

下地の凹凸や、ひどい場合はビスや釘が飛び出ていたりします。
錆びて来てクロスの表面までうつっていることもありました。
 

新しく下地を作る場合は問題ないのですが、貼り変えはそうはいきません。
その対策としては、サポートガードでは、できりだけリフォームをする際には、
分厚い壁紙を選んでもらっています。
生地の薄いクロスはリフォームには適しません。
 

これだけでも、とてもキレイなクロスリフォームになります。

 

 

サンゲツ3
▲分厚い凹凸のあるクロス柄がオススメです

 

   

サンゲツ2
▲凹凸の少ないクロスは貼り変えには不向きです

 

suishin-pro_34
クロスの貼り変えだけで 劇的ビフォー アフターになりました(笑)

 

 

サブコンテンツ