リフォームはサポートガード

浴室リフォーム枚方 浴槽の断熱性のネーミングは・・・

風呂浴室リフォームのなかでも進化の大きいのは
ユニットバスの浴槽、だとおもいます。


浴室にはいる時間のタイムラグが長い家族には
高断熱浴槽、つまり冷めにくい浴槽のリフォームがおすすめです。
最新の浴槽はとても冷めにくい構造になっています。


メーカーにより高断熱浴槽の名称が違うのでわかりにくいです(笑)
リクシルの場合はは「サーモバスS」と呼んでいます。。

リクシルの説明は「浴槽保温材と保温組フタの“ダブル保温”構造で、お湯を冷めにくく。
4時間後でも温度が2.5℃しか下がらないので、入浴時間の異なるご家族でも時間を気にせず入浴できます」

TOTOは「魔法びん浴槽」と呼んでいます。コチラの方がカンタンです(笑)

TOTOの説明は「断熱構造でずっとあったか、浴槽の周囲を断熱材でしっかり覆いました。
断熱ふろふたにより保温効果はバツグン。帰宅が遅くなってもすぐに温かいおふろに入れます」。


正直、性能は個人的には変わらない、と思います。
でもネーミングはTOTOのほうがうまいかな(笑)

 

▲リクシル サーモバス浴槽

 


▲TOTO 魔法瓶浴槽

 

 

 

サブコンテンツ