リフォームはサポートガード

トイレリフォームは床排水と壁排水の2タイプです

トイレリフォームは床排水と壁排水の2タイプです

 

床排水は一般的な排水方式のトイレで、床に接続された排水管を通って水が流れます。
つまり排水管は便器の下にあるため、目では確認できません。

 

壁排水はマンションで多く使われている排水方式で、壁に接続された排水管を通って水が流れます。
排水管は便器の後ろから壁に向かって接続されているので、目で確認できます。
(便器の奥に太い排水管が出ています)

 

リフォームで大事なのは 配水管のセンターの『排水芯』の位置です。
床排水は壁からの長さで、壁排水は床からの高さが大事なのです。

 

床排水芯D200
床排水L200の場合

床排水芯D200以上
床排水がL200以上の場合 長さを調整できる配管が必要です

壁排水芯H120
床排水H120の場合

壁排水芯H155
床排水H155の場合

 

IMG_1589
トイレリフォーム事例 床排水タイプです

 

電話

資料請求 メール問い合わせ

枚方寝屋川交野のリフォーム会社サポートガードの【お問い合わせ】

飯田 滋
この記事の監修 : 飯田 滋 (サポートガード代表取締役)プロフィール
 
サブコンテンツ