リフォームはサポートガード

トイレリフォーム ドアは「引き込み戸」がオススメです

高齢者のトイレリフォーム は トイレ本体も大事ですが、
トイレに入る入り口 つまりドアも大事なのです。

ボクは高齢者がいる場合は ドアは基本「引き戸」をオススメしています。
高齢者にとって、開き戸は立ち位置がかわるのでバランスを崩しやすいのです。

 

でもリフォームの場合は「引き戸」が設定できない場合もあります。
そんな時、トイレのドアは 無理なく開け閉めできるドア引込み戸がオススメです。

引込み戸は、立ち位置を変えずに開け閉めができるので、体が安定します。

TOTOから商品がでています。
この商品の特徴は

① 身体をほとんど動かさずに、
ドアの開閉ができます。

② ドアの前出が少ないため、
せまい廊下でも通路幅を確保できます。

③ レイアウト上の制限が少ないので、
せまい空間での間取り制約を緩和します。

④ ドアの軌跡がコンパクトなので、
車イスの方には特におすすめです。

⑤ 万一ドアが開かなくなった時でも、ドアを壊さずに
解放できる逆解放機構を備えています。

PS,サポートガードはTOTOリモデルクラブ会員です。

 

 

引き込み戸1
こん感じで立ち位置が同じです

 

引き込み戸2
TOTOのカタログです。イメージがわかります。

 

引き込み戸3
ドアの違いがわかるイラストですね。

※画像はTOTOから

 

 

 

電話

資料請求 メール問い合わせ

枚方寝屋川交野のリフォーム会社サポートガードの【お問い合わせ】

 

 

飯田 滋
この記事の監修 : 飯田 滋 (サポートガード代表取締役)プロフィール
 
サブコンテンツ