リフォームはサポートガード

浴室リフォーム 冬でも暖かさを保てるリフォームがオススメです。

風呂浴室って、当たり前ですが、風呂浴室には裸で入ります。
つまり浴室の床は水や石鹸で濡れて滑りやすくなっている状態です。
場合によると、大事故につながることがあります。


リフォームの注意点として、
①滑りにくい床材を選ぶ、
②床の段差は無くす。一戸建て住宅立ての場合はほとんどバリアフリーになります。
③手すりをできりだけ取り付ける
④割れにくいアクリルパネルのドアを使う。
このような安全対策はオススメです。


また冬場の風呂浴室では、「ヒートショック現象」による死亡事故が
発生しやすいので気をつけましょう。

「ヒートショック」とは、寒い洗面所や浴室から、いきなり熱いお湯につかるために、
血圧の急激な変化が起き、重大なな体調変化を起こしてしまう、現象です。


「浴室暖房換気乾燥機」を取り付けることで浴室内の温度を上げれるので、効果は大きいです。
また、暖かさを保つためには、システムバス本体の壁や天井の断熱性能をあげるのもいいです。


特にシニア高齢者の場合は、洗面脱衣室や浴室内は冬でも暖かさを保てるリフォームがオススメです。

 

hiro3-5_1000
シニア・バリアフリーの風呂浴室リフォームのアルバム

 

電話  資料請求  メール問い合わせ

枚方 寝屋川 交野のリフォーム会社サポートガードの【お問い合わせ】

飯田 滋
この記事の監修 : 飯田 滋 (サポートガード代表取締役)プロフィール
 
サブコンテンツ